チャン・グンソク'二十歳の飛翔! マユ突き抜けてゴウゴウ~'【2007年12月19日 韓国記事】 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

チャン・グンソク'二十歳の飛翔! マユ突き抜けてゴウゴウ~'【2007年12月19日 韓国記事】

coming200712182250180.jpg

美少年でフンナムでチャン・グンソク…ミュージカルしながら演技上手くするという幻想ポリョヨンファデサン新人賞の夢良くて素早く期待したが…'変身恐れない俳優'聞きたいです

"事実の夢席が良くて素早く期待はしましたね。 だが、私より上手な方が怪しかったので大丈夫です。"

俳優チャン・グンソクはこうだ. 大韓民国映画対象で新人賞候補に上がったが上を受けられなかったことに対し彼の所感だ。 率直だが決してこざかしい方法がない。

<ノンストップ4>私TTL広告で刻印されたあどけなかった顔はいつの間に立派なハンサムに変わった。 声は大型で訴える力あるがふっくらと飛ぶ内容は彼の若い精神を反映する。 彼の歯のような魅力は演技力にそっくり続く。

子役出身で今年満二十才をむかえた彼は映画界の大きい収穫に選ばれる。 昨年KBS 2TVドラマ<ファン・ジニ>でファン・ジニの初恋でおとな延期(煙、演技)の火ぶたを切ると今年は彼の表現のとおり'及ぼしたように'走った。 映画<楽しい人生> <待って及ぼして> <ドレミファソラシも>きてSBS <人気街です> MCで忙しく時間を過ごした。

おかげで<楽しい人生>で今年青龍映画祭と大韓民国映画対象新人賞候補に上がった。 たとえ受賞はできなかったがチャン・グンソクの可能性を疑うこれはない。 チャン・グンソクが主役を演じた映画<待って及ぼして>行って来年1月1日封切りして、一日後KBS 2TVドラマ<ホン・ギルドン>が初放送される。 すでに2008年スケジュール表がぎっしりといっぱい詰まっている彼を躊躇することなく2008年の有望株に選ぶに値する。

#子ども チャン・グンソク、傲慢だった
チャン・グンソクは今年が自身のターニングポイントだと考える。 '俳優チャン・グンソク'と'人間チャン・グンソク'を自ら狭めて行こうと努力したしある程度満足する。 チャン・グンソクに最も目につく変化は<ノンストップ4>時期とは違った青年のイメージだ。

蝶々が蚕の繭をかき分けて出てゴウゴウ出るようチャン・グンソクは幼いイメージをほとんどみな脱いだ。 そのような蝶々の心情を理解でもするように彼のミニホームページ土台には蝶々がひらひらとはためく。 <ノンストップ4>きて今の間隙にどんなことがあったのだろうか。

"その時と今はとても違います。 外形的でも内的でもたくさん変わりましたよ。 その時は情熱がなかったし楽しむことだけ分かったし傲慢でした。 簡単にさっと出て行くことができましたね。 今は情熱もできたし、楽しむのを越えてどのように延期(煙、演技)に接近するのか悩むことになりました。"

チャン・グンソクは偶然に幼い時期演技を始めた。 幼かった時家を見にきた人が芸能界側に従事する人だった。 チャン・グンソクの可愛い容貌を見て活動を提案したし、以後に夢を育てた。

"幼かった時はただ人々が私を見てあげるのが良かったが<ノンストップ4>終わって空白が長かったんですよ。 それなりのスランプだったが世宗(セジョン)文化会館でミュージカルをしました。 その時初めて演技がうまいという傲慢がこわれたし、本当に俳優になるつもりだと決心しました。"

#大人 チャン・グンソク、挑戦は損ではない。

チャン・グンソクは今年俳優として挑戦の喜びを享受した。 映画<楽しい人生>でギター演奏を学び直接歌を歌ってバンド ボーカルで出演したのとKBS 2TVドラマ<ホン・ギルドン>撮影をしているのを挙げることができる。 <ホン・ギルドン>の場合にも初めには固辞(考査、告辞、枯死)した。 相次いだ活動で疲れた状態であり学校勉強のためだった。 だが、台本を一度報告さっと変わった。

"<ホン・ギルドン>台本を見てこの作品こそ私が俳優に新たに出ることができるだろう、したかったんですよ。 事実今まで<楽しい人生>でも<ホン・ギルドン>を除いては可愛くてハンサムな、無難な男の役割が多かったです。 この作品はキャラクターのために苦悶に陥って休む開くことなく台本を研究するようにします。"

チャン・グンソクは莞島(ワンド)、扶安(プアン)、束草(ソクチョ)など全国を回って<ホン・ギルドン>を撮影する間にも暇さえ出来ればソウルに上がってきて期末考査まで終えた。 映画学徒として勉強を怠るのを自ら容赦できないためだ。

チャン・グンソクの挑戦精神は去る11月ケーブル チャネルMnet KMの<ミュージックビデオ フェスティバル>でミュージカル<ヘドゥウィク>パフォーマンスを行うことさえした。 チャン・グンソクはこのような提案も敬遠してして避けるよりは恐れを破って積極的に受け入れる。

"今私の立場は何をしても損害をこうむらないと考えます。 何をしようが私に役に立つでしょう。 今は私を破ってしまうことだと経験だと考えます。 変身に恐れない俳優という評価を受けたいです。 ただ、私の名前を付けてするからプロらしくしなければならないと考えます。 "

▲チャン・グンソク プロフィール

生年月日=1987年8月4日
学校=漢陽大演劇映画科在学中
作品=映画<楽しい人生> <待って及ぼして> <着信アリ ファイナル> <ドレミファソラシも>
ドラマKBS 2TV <ファン・ジニ> SBS <女人天下> <待望> <プラハの恋人> MBC <ノンストップ4>

記事元

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。