チャングンソク 美男ですね【日本版】 第8話 TBSテレビ 7/18 13:55~14:50 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

チャングンソク 美男ですね【日本版】 第8話 TBSテレビ 7/18 13:55~14:50

チャン・グンソク、TBS「美男(イケメン)ですね」に特別出演【2011年8月28日記事】

x2011082823074523_jpg_pagespeed_ic_EQJWWliDSf.jpg

チャングンソクが韓国ドラマをリメイクした日本版TBSドラマ「美男(イケメン)ですね」に特別出演する。

 チャン・グンソク主演で2009年に韓国で放送され、アジア各国でも大反響をよんだ「美男ですね」を日本のTBSがアジアで初めてリメイクし、現在毎週金曜日夜10時に放送中だ。

 日本版「美男ですね」に特別出演したチャン・グンソクは今回が日本ドラマ初出演で、しかも韓国で自身が主演していたドラマのリメイク版ということで注目を浴びている。

 チャン・グンソクは9月2日の第8話で「A.N.JELL」(瀧本美織、Kis - My - Ft2の玉森裕太と藤ケ谷太輔、Hey!Say!JUMPの八乙女光)のメンバーらの前に現れ、原作のファンテギョン(チャン・グンソク演)のように澪(原作ではコ・ミナム/パク・シネ)の秘密を知ることになる。日本ドラマ初挑戦にもかかわらずセリフを日本語でこなしたといい、ファンの期待も高まっている。

 チャン・グンソクはドラマ「メリは外泊中」のプロモーション活動中に今回のドラマの撮影を行ったが、東京のスタジオでは俳優やスタッフらが彼の登場を熱く歓迎したという。「今日は呼んで頂いてありがとうございます。頑張りますのでどうぞよろしくお願いします!」と日本語で挨拶したことはもちろん、監督や俳優らとも日本語で会話し、長い日本語のセリフも一発でOKを出し、周りから大きな拍手を受けたという。

 現場の雰囲気を明るくしながら撮影を行ったチャン・グンソクは、OKサインが出ても「もう一度お願いします!」と言い演技に妥協しないプロの俳優の姿を見せるなどもした。また、台本では「寿司が好き」というセリフを「うなぎの蒲焼が好き」とアドリブに変えるなどドラマの放映に更なる期待がかかる。

 チャン・グンソクは今回のドラマ出演料を丁重に辞退し「作品を愛して下さり僕を応援して下さる日本のファンの皆さんの為に出演した。ドラマのためにこの出演料を使って下さい」と話した。これに対し関係者は「彼のこのような人柄が日韓両国で愛される理由ではないか」と話した。

 チャン・グンソクは韓国ドラマの巨匠ユン・ソクホ監督の「愛の雨」に抜擢され一人二役に挑戦する予定で、9月に本格的に撮影に入るという。(翻訳:宮本りさ)

記事元

x2011082823074541_jpg_pagespeed_ic_47DzOHS8Rb.jpg
jks1_20130718114217f19.jpg



チャン・グンソク、日本版「美男ですね」特別出演で視聴率アップ!【2011年9月6日記事】
x2011090617005626_jpg_pagespeed_ic_bB28XCSuAX.jpg
x2011090617005648_jpg_pagespeed_ic_WT0kKeJgkW.jpg

チャン・グンソクが特別出演し話題となった日本版「美男(イケメン)ですね」の視聴率が上昇し、再び「チャン・グンソク効果」を立証した。

 9月2日、TBSで放送されたドラマ「美男ですね」にチャン・グンソクが特別出演し、平均視聴率より高い数値を記録したという。平均視聴率は9.5%だったのに比べグンソクが出演した第8話は10.1%を記録した。

 チャン・グンソクの日本ドラマ出演は今回が初めてで、日本と韓国の両国で話題となった。彼が普段から独学で勉強している日本語の実力を発揮し、日本語のセリフにも一発でOKサインを出したことはもちろん、日本の俳優らともすぐに仲よくなり撮影もスムーズに終わったという。

 出演料を辞退したグンソクは「作品を愛して下さり、僕を応援して下さっている日本のファンの為に出演した。ドラマの為に僕の出演料を使って下さい」と話したという。

 グンソクの配慮ある態度に、ある関係者は「彼のこういう心が日韓両国で愛されている理由だ」と述べた。

 TBSの「美男ですね」は、2009年韓国で、チャン・グンソク主演で放送された同名ドラマのリメイク版。現在毎週金曜日の夜10時に放送中だ。

 第8話ではグンソクが日本版「A.N.JELL」(滝本美織、Kis-My-Ft2の玉森裕太、藤ヶ谷太輔、Hey! Say! JUMPの八乙女光)のメンバーらとともに写真撮影中、ミオが男ではなく女だということを知り意味深長な微笑を浮かべ、微妙な緊張感を引き起こすスター、チャン・グンソク役を演出した。

 チャン・グンソクは、韓国ドラマの巨匠ユン・ソクホ監督のドラマ「愛の雨」の主人公に抜擢され、一人二役という新しい挑戦に期待を集めており、本格的撮影を控えてキャラクターの研究に没頭しているという。(翻訳:宮本りさ)

記事元


コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。