韓国ドラマ 下半期 『暴風前夜テレビ劇場』【韓国記事】 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

韓国ドラマ 下半期 『暴風前夜テレビ劇場』【韓国記事】

暴風前夜テレビ劇場 【2013-09-23 01:52】

SSI_20130922150258_V.jpg

SSI_20130922173805_V.jpg

下半期‘ドラマ大田(テジョン)’の幕が上がった。 地上波放送3社は今年の秋新作ドラマを見積もって10編(便)吐き出して激しい角逐戦を行う。 特に有名作家とトップスターが手を握った話題作が多くて韓流の火種を生かすヒット作が出てくるのか注目される。

下半期テレビ劇場の最も大きい特徴は多様なジャンルのドラマが布陣しているという点だ。 上半期法廷ドラマにメロー、スリラーを混ぜた‘君の声が聞こえて’やホラーとロマンチック コメディを混ぜた‘主君の太陽’等ジャンル的特性が強いドラマが人気を集めたし下半期にも明確なジャンルの中にストーリーとキャラクターを溶かそうとする作品が多い。

23日初めて放送をするSBS新しい月火ドラマ‘受賞した家政婦’はミステリーにヒューマンドラマを混ぜた一種のブラックコメディだ。 2011年日本NTVで放送されて最終回視聴率が40%を記録したヒット作‘家政婦三田’が原作だ。 一人暮らしの父の不倫とママの死でさまよう四兄弟姉妹が生きている家に正体不明の歌詞コンパニオン パクポンニョ(チェ・ジウ)が入ってきながら家庭の傷を治癒するという内容だ。

翌月14日初めて放送するKBS月火ドラマ‘未来の選択’は未来の私が現在の私に運命を切り開けるように選択の方向を提示してくれるという独特の設定の新タイムスリップ ドラマでロマンチック コメディが加味された。 大企業コールセンター契約職で勤めたナミだって(ユン・ウネ)はある日未来から来た自身に会って放送作家としての人生2幕を開くことになる。 やわらかいカリスマに秘密を持ったエリート財閥3世パク・セジュ駅のチョン・ヨンファと艶がないが信念がまっすぐなアナウンサーキム・シン役を担ったイ・ドンゴンの魅力対決も関心事だ。

伝統的な人気ジャンル物で勝負を見る作品もある。 25日初放送されるKBS水木ドラマ‘秘密’は秋に似合う正統メローで恋人を殺した女と愛に陥る男の話だ。 財閥2世キャラクターを延期する知性と悲恋の女主人公になったファン・ジョンウムの呼吸が関心を集める。

‘トゥウィクス’後続で翌月2日初めて電波に乗るMBC水木ドラマ‘メディカル塔チーム’は興行不敗神話を繋いでいく‘ウイドゥ’(医学ドラマ)だ。 ‘メディカル塔チーム’は外科、内科、胸部外科、映像医学と、麻酔痛み医学課など分野別最高医者たちが集まったドリームチームが成功率50%以下の高難度手術と貴重疾患を治療する限界に挑戦する。 この過程で病院内権力争いなど医療界の現実が赤裸々に描かれる。 クォン・サンウ、チョン・リョウォン、チュ・ジフン、オ・ヨンソとグループ シャイニの民戸が出演する。

一方MBCは新しい月21日‘不正与信(女神)、征夷’後続で50部作史劇‘飢饉後’で月火劇の史劇基調を繋いで行く。 考慮出身皇后で元国で政治的な以上と運命的な愛を広げた飢饉後の話を描いた50部代作(大作)だ。 飢饉後はハ・ジウォンが引き受けて元国16大皇帝であるスンジェ駅のチ・チャンウク、考慮28代王チュンへ駅のチュ・ジンモと三角関係を成し遂げる。 ‘テジョヨン’ ‘ジャイアンツ’等で筆力を認められたチャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン作家の新作だ。

週末劇市場も変化を控えている。 MBCは‘値がついてきなさいさっと’後続で28日夜8時45分黄昏再婚を囲んだ家族の話を扱った‘愛してナムジュや’をリリースする。 パク・グニョン、チャ・ファヨン、ユ・ホジョン、ホン・スヒョン、イ・サンヨプなどが出演する。 SBSも28日新しい週末劇‘熱愛’で対抗する。 父母の世代の葛藤と運命で悲劇を体験することになる三人の男女の愛と成功を扱ったドラマでチョン・グァンリョル、ファン・シネ、チョン・ミソン、ウ・フィジン、グループ少女時代のソヒョンなどが出演する。

下半期テレビ劇場のまた他の特徴の中の一つは韓流スターが有名作家と手を握って大挙カムバックするということだ。 先鋒に立った作品は新しい月9日リリースする‘王冠をかぶろうとする者、その重さを耐えろ-相続者’(仮題)だ。 富裕層高校生の愛と友情を描いた青春トレンディードラマで韓流熱風を起こした‘花より男’を思い出させる。 韓流スターイ・ミンホとパク・シネが男女主人公を引き受けたしチェ・ジンヒョク、キム・ウビン、カン・ミンヒョク、パク・ヒョンシクなど今年対三男が大挙投入された。 ‘シークレット ガーデン’ ‘神社(紳士)の品格’を使ったキム・ウンスク作家の作品だ。

一方韓流スターチャン・グンソクも下半期テレビ劇場にカムバックする。 彼は‘秘密’後続で11月放送されるKBS ‘美しい男’に出演する。 この作品は美しい顔と持って生まれた感覚で女たちの心を盗む魔性の美男トッコマテ(チャン・グンソク)がお金、名声、人脈、力、情報など成功の要素を跳び越える価値は愛という事実を悟るというあらすじだ。 トッコマテを牽制するチェダヴィッド役ではイ・ジャンウが出演する。 漫画がチョン・ケヨンの同名漫画を原作で映画‘7番房の贈り物’の遊泳作家が脚本を引き受けた。

‘年を抱いた月’で日本で新韓類スターに浮び上がったキム・スヒョンも‘ノンクルチェ転がり落ちてきたあなた’のパク・チウン作家次期作であるSBS水木ドラマ‘星から来た男’(仮題)で12月に帰ってくる。 400年前外界から来た男と地球を離れたい女のファンタジーロマンスで女主人公にチョン・ジヒョンが落下点なった。

記事元:ソウル新聞


「きれいな男」撮影はいつから始まるのかな?
今KBSが観れないのですが、何とか11月末までに見れるようになるかな…




コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます