チャン・グンソク、イテウォン殺人事件 "演技ために鏡捨てた" [インタビュー] - JangKeunSuk☆ZIKZIN

チャン・グンソク、イテウォン殺人事件 "演技ために鏡捨てた" [インタビュー]

●チャン・グンソク、イテウォン殺人事件 "演技ために鏡捨てた" [インタビュー]2009-05 15:48

200909051546592300_1.jpg
イテウォン2

俳優チャン・グンソクが'最近鏡を捨てた'で話して目を引いた。

チャン・グンソクはトレンドに敏感な青春俳優、スタイルに鋭敏な感覚を持ったペショニスタで有名だ。 だが、この頃はこのような外観に対する関心を減らしたと話した。

チャン・グンソクは"本来は容貌に神経を多く使うほうだった。 朝起きれば私に対する記事を検索するのが一番最初にすることであったし、メーキャップする時や作品撮影する時モニターを通じても私がどのように出てくるのか常に几帳面にチェックした"と伝えた。

こうしたチャン・グンソクが徐々に変わり始めたのはMBC 'ベートーベン ウイルス'時からだ。 その時から外観に対する過度な神経は演技を妨害できるということを分かったし、ますます外皮から抜け出して内面に入ってきた。 今回の映画'イテウォン殺人事件'(ホン・キソン監督、10日封切り)時には、チャン・グンソクによれば一度も撮影会場で鏡を見なかった。

"私がどのように出てくるのか、どんな姿と見られるのかあえてそんなものに執着する必要がないと感じた。 現場では服やメーキャップを専門家たちが助けるからそのまま全てのものを任せた演技だけしようと考えた。 私がすることはキャラクターをどんな方法で表出して接近しなければならないのかどうかに対したのだ。 そのような俳優本来の姿勢が重要という気がした"と自身の悟りに対して話すチャン・グンソクの目は瞬間的に瞬間的に光った。 はやく30台になって演技を知っていって勲章のような目じりのシワも得たいと話した。

チャン・グンソクは変わった心がけのように'イテウォン殺人事件'を通じてもう一度重たい演技変身を編み出した。 去る1997年起きた衝撃的な殺人事件をモチーフで製作された推理劇であるこの映画で面白味で罪のない大学生を人を殺した2人の10台韓国系米国人容疑者中1人であるピアソン役を担った。

劇中冷静さと平定することを失わない容疑者ピアソンで分限チャン・グンソクは初めて悪役リュのキャラクターを演技した。 チャン・グンソクは"初めてシナリオを読みながら'それで私が殺したか殺さなかったのだろうか'が最も気になったしそれに焦点を置こうとした"として"最後の場面まで監督様はそれに対してヒントを与えなかった。 私は無条件私が殺さなかったという信念を持って撮影した。 (神(靴))スンファンが兄(アレックス役)もやはり自身が犯人ではないという考えで撮影をした。 この論理がキャラクターを捉えるのに明快に作用したようだ"と自身のキャラクターに対して説明した。

"事実犯人か違うのかに重点を置くのもあったが、ピアソンという(のは)キャラクターが先天的に悪役でも悪い子供ではないようだ。 メキシカンと韓国人の混血、それ(彼)によるアイデンティティ混乱期を体験しながら社会がピアソンという(のは)人物を作ったのではないか欄考えをしてみた"と付け加えた。

今回の映画で彼は多くの部分英語で延期した。 ぎこちなくてない英語実力に対して好評してハリウッド進出考えがないかと尋ねるとすぐに"今のところは'ひとまず中で上手にしなくちゃ'という(のは)気がする。 中で磨いておいてこそそのような機会がますますこないか…. むやみに差し迫っているように行ったらみなこわれるようだ"と謙虚な姿を見せた。

チャン・グンソクの次期作はSBS新しい水木ドラマ'ハンサムですね'(ホン・ジョンウン、ホン・ミラン脚本、ホン・ソンチャン演出)だ。 アイドルグループの成長過程と愛、葛藤を入れたドラマでチャン・グンソクは劇を導いていく4人組グループ メンバーで分解パク・シネ、イ・ホンギ(FTアイルランド)等と呼吸を合わせる。

チャン・グンソクは"漫画のような感じのスピーディーな作品だととてもおもしろい"としてこの作品に対する期待感を精一杯表わした。 劇中スキニーある姿を見せなければならないから2週半分ぶりに5kgを減量する努力も傾けた。 この作品を通じて初めて演技者中最も大きい兄になったとしパッと笑ってみせた。

記事元:OSEN


コリスタ JKS

min92305様からお借りしました。ありがとうございます♪


タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます