チャン·グンソク(Jang Keun Seok)、アジアツアーフィナーレ埼玉公演で4万8千人の観客熱狂させる[KSTAR] - JangKeunSuk☆ZIKZIN

チャン·グンソク(Jang Keun Seok)、アジアツアーフィナーレ埼玉公演で4万8千人の観客熱狂させる[KSTAR]

●チャン·グンソク(Jang Keun Seok)、アジアツアーフィナーレ埼玉公演で4万8千人の観客熱狂させる[KSTAR]

チャン·グンソクが7月から約半年間熱く続いてきた'2012チャングンソクアジアツアー 'THE CRI SHOW 2''の美しいフィナーレを一日残している。

さいたまアリーナ1

チャン·グンソクが'2012チャングンソクアジアツアー'THE CRI SHOW 2''大長征の最後の都市である日本の埼玉総3回公演のうち26,27日の両日、開かれた2回の公演で各1万5千、3万人の観客を動員して盛況裏に公演を終えた中で明日(29日)1万8千人の観客に3回の公演に計4万8千人の観客を動員することが予想されている。

去る26,27日、さいたまスーパーアリーナで開かれた公演には平日月、火曜日の夕方の時間にも関わらず、視野制限席まで3万席の座席がぎっしりと満たされクンちゃんの威厳を示した。

特にツアーのヒロインチャン·グンソクは最後の都市最後のフィナーレを控えて、アンコール舞台で、来年発売予定のプロジェクトグループTeam-H(チームエイチ)アルバムの未発表2曲をびっくりプレゼント全く予想できなかった埼玉のファンを熱狂させた。

さいたまアリーナ2

加えてチャン·グンソクは最後の埼玉公演で風変りな要素を加味して新しい公演をプレゼントした。約3時間の間繰り広げられた埼玉公演では、Team-Hの新曲公開はもちろん通り過ぎた横浜、大阪、名古屋、福岡公演のビハインド映像、追加された華やかな衣装、星が輝きそうめ刺繍された舞台の横の照明と舞台効果などフィナーレ公演に合わせてスペシャルな内装のファンを感動させた。

最後の都市埼玉フィナーレ公演を一日残したチャン·グンソクは"すでに大長征のツアーも終わりに向かって行っている。クリショーというブランドをより確固たるものに確立した今回のツアーを直接企画、アーティストとして公演を作っていって、自分でも成長したし、ファンとより多くの共鳴することができました。

最後まで良い結実を結ぶことができるようだ。最後の公演も情熱を注ぎ込む予定だから多くの声援をお願いしたい"と抱負を伝えた。

20121128133449_1101.jpg

総9都市であり、最後の16回の公演のフィナーレを美しく装飾する2012チャングンソクアジアツアー 'THE CRI SHOW 2 "in埼玉"は29日(木)ファイナル公演を繰り広げる。

記事元:TOP STAR NEWS


●チャン・グンソク、アジアツアーがいよいよフィナーレへ!「自ら企画したコンサート、成長できた」
3さいたまアリーナ

チャン・グンソクが半年間続けてきたアジアツアー「2012 JANG KEUN SUK ASIA TOUR THE CRI SHOW II」を終える感想を明かした。

チャン・グンソクは今月29日、さいたまで開かれる3回目のコンサートで「2012 JANG KEUN SUK ASIA TOUR THE CRI SHOW II」のフィナーレを飾る予定だ。

今年の7月から始まった今回の公演は、9都市で計16回の公演を行い、“アジアのプリンス”ことチャン・グンソクの底力を見せ付けた。

チャン・グンソクは「ツアーが終盤に向かっている。『CRI SHOW』というブランドをさらに確固たるものにした今回のツアーを自ら企画したことで成長し、ファンとさらに共感することができた」と明かした。

彼は「最後までいい結果を得られそうだ。最後の公演も情熱を注ぎ込む予定なので、多くの声援をお願いしたい」と付け加えた。

長期プロジェクトの最後を飾る埼玉での合計3回の公演のうち、26日と27日の2日間にはそれぞれ1万5千人が集まり、計3万人の観客が駆けつけた。29日の最後の公演には約1万8000万人の観客が集まると見られ、3回の公演で計4万8000人の観客を動員すると予想されている。

チャン・グンソクはフィナーレを前に追加公演で来年発売予定のプロジェクトグループTEAM Hのアルバムの未発表曲2曲をサプライズで公開し、埼玉に集まったファンを熱狂させた。

記事元はこちら


タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます