チャングンソク キム・ビョンゴン室長「今日も私はスターのために走る」【2008年8月12日】 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

チャングンソク キム・ビョンゴン室長「今日も私はスターのために走る」【2008年8月12日】

●チャングンソク キム・ビョンゴン室長「今日も私はスターのために走る」【2008年8月12日】 

大韓民国最高のスターメーカー - スターを作る人々

夜空の星のようにキラキラし、すべての人々が夢に描く存在。それがまさにスターという存在だ。しかし、一人の力でこのような席に上がると、 "空の星を取る"だ。後ろから支えてくれて用意して助けてくれる人々がいるときにのみ可能な方。その後、延々と東京れるスターを作る人々は誰だろう。今日もスターのために昼夜を問わず苦労が多い、大韓民国最高のスターメーカー五人に会ってみよう。

(五人の一人がチャン・グンソクssiのマネジャーゴン様(キム·ビョンゴン室長)の記事)


Manager ルーブエンターテイメント 室長キム·ビョンゴン
今日も私はスターのために走る

htm_20080812144644020000020301-002.jpg

キム·ビョンゴン室長には、昼と夜が別にない。 一日が24時間しかないというのがいつも残念だ。 会わなければならない人も、読むこと台本も、勉強しなければならも、しなければならないことも終わりがないのに、なぜ一日が必ず24時間でなければならのだろうか。 慢性疲労に悩まされても、自分を忘れたままスターのために全力を尽くしてプレーしている彼の仕事はまさにマネージャーだ。

何人かの新人俳優たちが彼の手を経て、ピョン·ヒボンなど中堅俳優ともしたし、現在はチャン·グンソクの心強いマネージャー兼実の兄とも同じ存在でよく知られているキム·ビョンゴン。 彼が最初にマネージャーの世界に飛び込んだのは2002年だった。 偶然読んだ有名マネージャーのインタビューの中でただ一言が彼の心を捕らえた。 "マネージャーは多岐にわたって多目的でなければならない。"やりたいことも多くて、夢も多かった彼はマネージャーになれば、様々な経験をして自分の才能を広げることができると考えた。

しかし、マネージャーとしての道は推測していたよりもはるかに手に負えなかった。 スターにすべての神経を傾けだから、いざ彼自身の人生とアイデンティティが消えてしまうようだった。 自分も知らないうちに忍耐と自制心がたまり始めた。 普通の人々が簡単に考えるようにマネージャーが身にテウルことができることも決してなかった。 スターと同行してスターを保護することに加えて、スケジュールを調整して作品を選定し、契約を締結してスターのイメージメイキングのために差別化された戦略を細かく立ててしっかりと実践していることもすべてマネージャーの役​​割である。

マネージャーだけ各界各層の人々をたくさん会わなければならない職業も珍しい。 様々なメディア、映画·ドラマプロデューサー、監督、PD、現場スタッフ、様々な広告主など自然の話を分割するには、多岐にわたる教養と知識が必須であること。 ので、いつも一日24時間がギリギリだという彼はチャン·グンソクが良い作品に会って初めて才能を発揮する、誰よりも嬉しくて、認めてもらえたとき、誰よりも安堵し、良い評価を受けると、その誰よりもやりがいを感じて今日もチャン·グンソクのために、スターのためにこまめに汗を流して走っている。 アンヨウンユン記者

キム·ビョンゴンの ★ チャン·グンソク

チャン·グンソクのマネージャーの仕事を始めたのもいつのまにか3年目だ。 2006年6月、初めてグンソクに会って話を交わしながら、私は実はちょっと驚いた。 有名人と言いながら威張っ出したり傲慢な姿をグンソクからは全く見られなかった。 当時チャン·グンソクは二十歳。 しかし、幼い頃から演技を始めたチャン·グンソクは自分に対してとてもよく知っていた。 日に対する熱意もあふれた。 そして世の中を見る主観もはっきりしてきた。

これは長所であり短所となることができるという気がした。 まだ生きていく日が多いが、自分が見つめる世界の中に閉じ込められてはいけないという気がした。 私はその枠組みを破ってくれるために努力したかった。 チャン·グンソクがより広い世界を見てほしかった。 これグンソクと私は演技者とマネージャーの関係を超えた実の兄弟のような仲になった。 誰が誰をドラッグたこともないのに、私たちが一緒にするときは、肯定的なシナジーができるようだ。

チャン·グンソクと一緒にして楽しいハプニングを体験することもした。 オーストラリアのビーチで撮影を去った時だった。 スタッフたちが遠く離れている状態なので私はチャン·グンソクの着こなしを練りあげるなど丁寧グンソクを維持しなければならなかった。 その時一人の青年(後で分かってみれば、彼はフランス人だった)が近づいて皮肉なことではないか。

"この人がどんな映画スターか? 何そんなに用意や? "彼は私たちをゲイカップルと誤解していた。 私はすぐに言い返した。 "はい、目の前にいるこの人がまさにムービースターだ!"彼は私の言葉を決して信じなかったし、出てしばらくや口論を繰り広げた。 何もなかった口喧嘩がますます大きく広がり始めた。 チャン·グンソクが、私言ったが、私たちを皮肉フランスの青年の態度が我慢できなかった。

戦いは[完了]通りすがり韓国人たちがチャン·グンソクを調べてサイン要求をするおかげで意外に簡単に終わることができた。 結局その青年は私たちに謝罪し、チャン·グンソクのサインまでもらって行った。 ここでさらに面白い事実! 私が韓国語でフランスの青年と口論をしたということ。 ははは! 途中でグンソクが自分の言葉を英語に通訳冷や汗を抜いドレトダ。

記事元:movieweek

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます