チャン·グンソク "イ·ジュンイク監督内の分量編集さびしい、弾けたらダメ"(インタビュー)【2007.09.14過去記事】 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

チャン·グンソク "イ·ジュンイク監督内の分量編集さびしい、弾けたらダメ"(インタビュー)【2007.09.14過去記事】

●チャン·グンソク "イ·ジュンイク監督内の分量編集さびしい、弾けたらダメ"(インタビュー)
【2007.09.14過去記事】

200709140825201003_1.jpg
200709140825201003_2.jpg

映画 "楽しい人生"(製作映画社朝)俳優チャン·グンソクがイ·ジュンイク監督が自分の分量を編集して名残惜しかったと打ち明けた。

チャン·グンソクは最近ソウル市中区忠武路映画会社の朝からのニュース円とのインタビューで "イ·ジュンイク監督が私に登場した部分を少し編集された"とし、 "ちょっと惜しくて名残惜しかった"と笑いながら語った。

チャン·グンソクは引き続き "監督は最初から"君は助演だから君は隠す。 観客たちが君を付いて回って見つけることができ隠して見せてくれな。 そう君オカルトが舞台だけすべてを爆発させて明らかに "と呼びかけた"としながら "監督は私あらわれないようにすれば、むしろ観客たちが自分の姿を付きまとうと思い言われた"と話した。

チャン·グンソクはまた "それで演技するために節制が必要だった"とし、 "監督が助演だと強調した言葉にさびしいしなかった。 助演でも主演でもない覆って完璧な俳優になりたいからだ "と強調した。

イ·ジュンイク監督は数日前のニュース円とのインタビューでも "女性観客たちがチャン·グンソクだけ見て他の部分に集中ができないような懸念のため、彼が登場する分量をわざわざ減らした"と明らかにした。

これに対してチャン·グンソクは "イ·ジュンイク監督が僕にご注文いただいたのも彼と似ていた"としながら "40代の主人公である"楽しい人生 "で、私はとても弾けたらならなかった"と説明した。

チャン·グンソクは "楽しい人生"でロックバンド "活火山"のボーカル兼ギタリストヒョンジュン役を担って、映画に出てくる公演場面ごとに直接歌を歌ってギターを演奏して観客を驚かせている。 ヒョンジュンは "活火山"の元メンバー、サンウの息子でもある。

チョン·ジニョン、キム·ユンソクキム·サンホチャン·グンソク主演映画 "楽しい人生"は、家庭を持つ40代の中年オヤジが20年前の3年連続大学歌謡祭脱落を最後に解散したロックグループ "活火山"を再結成して楽しい人生を求めていく物語を描く。 "黄山ヶ原" "王の男" "ラジオスター"に続くイ·ジュンイク監督とチェソクファン作家の合同作品だ。 12日封切りして現在上映中だ。

出演俳優たちは皆直接楽器を演奏して歌を歌ってリアリティーを加えた。 ボーカル兼ギターを担当したチャン·グンソクをはじめ、チョン·ジニョンは "活火山"のギターを、キム·サンホはドラムを、キム·ユンソクはベースを演奏した。 12日封切りして現在上映中だ。

記事元:newsen


●チャン·グンソク "実際の初恋の痛み経験した直後、"ファン·ジニ "初恋延期"(インタビュー)
【2007.09.11過去記事】

●よく育ってくれたチャン·グンソク "映画の中の雁のお父さん、私のお父さんの話"(インタビュー)
【2007.09.14 過去記事】

●チャン·グンソク ""楽しい人生 "でパパの愛を悟った"(インタビュー)
【2007.09.14過去記事】



タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。