ドラマ「美男〈イケメン〉ですね」主演のチャン・グンソクに密着インタビュー!【2010.01.19過去記事】 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

ドラマ「美男〈イケメン〉ですね」主演のチャン・グンソクに密着インタビュー!【2010.01.19過去記事】

●ドラマ「美男〈イケメン〉ですね」主演のチャン・グンソクに密着インタビュー!【2010.01.19過去記事】

女性自身4

ドラマ「プラハの恋人」で大ブレイク。「ベートベンウイルス」で人気を不動のものとして、テレビ番組の司会もこなすなどマルチな才能を発揮し、韓国の若者に大人気のイケメンスターだ。
今回、ドラマ「美男〈イケメン〉ですね」の撮影現場に突撃、そして密着インタビュー。
チャン・グンソクに聞いたドラマ「美男〈イケメン〉ですね」の魅力とは!?

女性自身1

―ドラマの役どころを教えてください

私が演じるファン・テギョンは他のドラマではあまり見られない、珍しいキャラクターだと思います。潔癖症で他人に迷惑を掛けるのをとても嫌がり、他人が自分に関わるのも嫌がる。その結果、人間関係に疲れる人生を送るというキャラクターです。

自分の領域を守る為に徹底的に努力する人であり、両親との心苦しい思い出も持っている。心の奥に深い傷を持っていてとても寂しく独り重い荷物を背負いこんでいる。でも、コ・ミナムという女の子が近づくことにより愛を知り、その愛を通じて両親に対する心の傷や自分の歌に対する感情の変化などが生まれます。コ・ミナムと出会い人間として成長していくドラマです。


―役作りのために努力したことは?

このドラマで最も重要なのは、僕がリーダーであることです。共演者の中で自分が一番年上なので、みんなを引っ張っていかなくてはならない。そのプレッシャーが今までとは違うと思います。リーダーシップをとることが必要なのです。ファン・テギョンが持つ緊張感や目の輝きを最後まで維持して演技をするのは大変でした。しかし共演する後輩たちが演技を含め現場でうまくやってくれるたので、とても満足しています。現場はいつも楽しくて。若い役者ばかりなので、みんあで元気よく撮影に臨んでいます。
僕は今年で23歳になりました。まだ23歳ですが今の現場では一番先輩です。現場ではみんなを引っ張っていかなければならない。自分も後輩たちもつい楽しく話しこんでしまいますが、監督から「早く来い」と呼ばれると後輩たちを連れて行かなければならない立場なので現場では監督の様子を常にうかがっていました。監督の目付きが変わると後輩たちを連れて、撮影を再開させたりしています

女性自身2


―ドラマ全体の見どころは?

例えばウサギブタというあだ名をコ・ミナムにつけたファン・テギュンは、コ・ミナムにプレゼントをするためブタの人形の鼻をウサギの人形につけるなど面白いエピソードが毎回出てきます。そんな楽しいところもドラマの見どころです


―共演者の3人について教えてください!
彼はイ・ホンギでジェルミという人物でドラマでは可愛らしさ担当です。イギリスの貴族であり性格はとても明るく悪戯好きでチームを元気づけてくれる、いわばオレンジのビタミンのような存在です 。
隣のこの彼は、ジョン・ヨンファでカン・シヌ役。自分の役と反対で、情も深くて温かい人物です。コ・ミナムをめぐり自分と三角関係になる人です。性格はファン・テギョンとは正反対なので、お互い共通点はないのですがコ・ミナムが登場することで対立するんです。
そして、パク・シネ。コ・ミナムは女の子なのに男装して、男3人で活動していたバンドに投入されます。とても面白い性格のキャラクターですよ。
個性の異なるメンバー3人ですが、コ・ミナムの加入でチーム自体に新たなエネルギーが生じ合宿所の中でも色々なエピソードが生まれます。実は女の子であることは、放送第1回で全員気付きます。その中で女の子であることを隠そうとする人物と早くカミングアウトさせたい人物が対決するなどなにかと問題が多く目がはなせないバンドです。

女性自身3

―日本での歌手デビューの予定は?

運が良いことに今まで歌手を演じる機会が多くありました。CMで歌ったりダンスをしたことで歌手デビューを視野に入れているのではないかと質問されますが全然そのような考えはありません。最高の俳優になるためにまだ自分は行くべき道を歩んでいる途中だと思っています。
日本では出来る限り自分のいろいろな面をお見せしたいと考えています。何故なら「チャン・グンソク」がどんな人物なのか、まだ私を知らない人の方が多いかもしれないので
自分の力量を最大限にお見せしたいです。それが歌なのか演技なのかもしくはダンスか・・・
とにかく自分のあらゆる姿を日本の人に知ってもらいたいというのが事実です。


―日本のファンにメッセージ

私たちのドラマが韓国で10~30代の多くの女性から支持を得ておりとても幸せです。
チャン・グンソクという俳優の初めての主演ドラマということで心配の声もありましたが
良い共演者とスタッフと最高のドラマを作る為、寒い中、一生懸命撮影しています。日本の放映も間もなくと聞いています。きっと楽しんでご覧になって頂けると思います。また最後の撮影は沖縄で行われる予定です。みなさんの国に行き素敵な風景を収めるためスタッフも奮闘中です。期待してください!

記事元:女性自身



タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。