JANG KEUN-SUK チャン·グンソク "20代は中間コース、避けず楽しむのが俺"【2008.08.18過去記事】 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

JANG KEUN-SUK チャン·グンソク "20代は中間コース、避けず楽しむのが俺"【2008.08.18過去記事】

●JANG KEUN-SUK チャン·グンソク "20代は中間コース、避けず楽しむのが俺"【2008.08.18過去記事】

PP08080800010.jpg

"私の文は、私が見ても笑わせ万恥ずかしいたよ。

私はまだ成長期ですからね" "虚勢グンソク'。近年、オンラインでネチズンたちがチャン·グンソクを呼ぶときに使用するエイリアスです。

チャン·グンソクが自身のミニホームページにあげた独白形式の文の一部を編集してオンライン上で回しながら "虚勢"、 "伊達"と皮肉る言葉だ。しかし、チャン·グンソクは意に介さなかった。

◇ "自分の率直な文章、恥ずかしくないの
"チャン·グンソクは最近のインタビューで、 "周辺でそうしたよ。傷つかないで、ひるむな。私は慣れてきて、むしろ平気ず毅然とした態度のにね"とし、"私はそんなこと傷つけることがなく、誤解だと思う。

誤解しやすいようにそのような抽象的な文だけ集めてノァトドラ"とくちを切った。趣味書いた文。

20代前半の青春らしくそんな習作がかっこよく見えるのバー走ってた素敵がいっぱい入った自分の文を見て、自分でも笑えることもある。チャン·グンソクは"私も最初は私の文章が笑わせた。前日の夜に書いた文も翌日の朝に見るとウトギンデ、それが1年前に書いた文等なのに変な顔じゃないか"と言いながらも"その時は私が感じる感性と自分に正直にしたし、それなり真剣に自分の感情をそのまま書いた文だ。

私も私の文章が笑わせるが、恥ずかしかったり恥ずかしいないでしょう"とソシンコッ話した。考えも多く好奇心も多く、そのようなものを文章の執筆好きだというチャン·グンソクは平気で"今これ話しても来年になれば私の考えが変わることもあるのだから"と言いながら"私はまだ成長期であるに違いない"と付け加えた。


◇ "社会を早く悟ったのが悪いのではないでしょう。
"自分完璧な状態ではなく、成長していく過程であることを知って認めるというのがそのように幼い年齢に容易ではない。高校生のとき行ってきた語学研修も、自分が活動して稼いだお金で解決をしたほど、自立心や責任感も早くから持たれた。

一人でスーツケースを担いで地下鉄に乗って撮影現場に通いながら両親と一緒に来る他の子役演技者たちを見て羨ましくており家出したい反抗期にも"明日の朝9時まで放送局に行くべきなのに"と言って、結局家出する友達を見て"両親が家でご飯、お小遣いもいるのに、なぜいこうとするか"という思いまでになった。

また、少し前までは、 "嫌いな人なら見て生きればなる"と思っていた嫌な人とも合わせながら暮さなければならカニの社会というのもわかっているようになったという。これだから'若年寄り'という言葉が出てこないことができない。

チャン·グンソクはこれに対して、 "私の年齢の友達よりも社会経験をたくさんしたので早く悟ったことは事実だ。ところが早く悟ったことが悪いのではないじゃないか"と反問した。

PP08080800007.jpg

とても大人っぽい言葉をしてもチャン·グンソクの情熱は二十二歳の青年らしい。

彼は""学ぶこうして"、"学ぶ芸能に出て故障した場合にならない"このような考えはない。私はむしろ万敷いてくれればだし"と冗談を言って" 20代は中間プロセスである。

その過程で倒れることもあり、すぐに走ることもあり、ゆっくりと速度を遅くすることもありそのような過程をすべて経験してたいと思う。避けず楽しむのが一番やダウンだと思う"と話した。

チャン·グンソクは"10年間演技をしながら、現場のスキルを十分に学んだと思ったミュージカルを一方してからこそ傲慢という気がした。今は大学の授業を聞いて知識を学び、その以降は現場からの知恵をつかうことができるんじゃないか"と言いながら、今までとこれからの演技人生を一目瞭然に整理した。

彼に30代、40代、そしてそれ以降はどんな目標があるか。チャン·グンソクは"三十越えチャン·グンソクの次の作品が期待できる作りたい。今は私 ​​のことが何か私もよく分からなくて私の中にあるものをすべて取り出しておいてたい三十以降は人々が私を元に作成したい"と明らかにした。

40代になったときに彼の夢はマネジメント。誰かを発掘してスターにしたいというのだ。60歳を超えると自分の話を映画にしたいと。だからチャン·グンソクは大学卒業後、映画の演出に大学院に進学するつもりだ。

次回作であるMBC ドラマ "ベートーベンウイルス"でトランペット奏者を務めるチャン·グンソクは三十になる前に、バンドを作ってアンダーグラウンドでの公演をしてみたいという夢も多くの欲も多くの青年だった。

記事元



●チャン·グンソク "再び制服着ること怖くない"【2008.08.18 過去記事】

PP08080800011.jpg

"もう一度制服を着ることが怖くはなかった。" ひたすら弟みたいだばかりだいつしか大人になった俳優チャン·グンソクが再び制服を着て帰ってきた。

映画"赤ちゃんと僕"である日突然赤ちゃんを背負わされた高校 3年生の役割のためだった。みんな不思議しかなかった。もうそろそろ"社内"の感じが出始めのに、なぜ再度10代の役割に戻ったかの気がかりなことだ。

最近のインタビューで会ったチャン·グンソクはこれに対して、 "最近最も多く受ける質問の一つが"あえて制服をまた着る必要があったか"だ"とし、 "そのような質問を聞けば"大人の演技は何か"という気がする。

私二十二才の立場から"大人の演技"という枠を交わすことが生意気に見えるかもしれないが、最終的に画像の戦いであるだけだと思う"と考えを明らかにした。

チャン·グンソクは"大人と子役の枠はないと思う。その年齢大にすることができるキャラクターの違いであるだけ"としながら"制服を着るのも、かつらをかぶって滑稽な演技をするのも怖くない。

ただ、私はそのキャラクターにどれだけはっきりとした姿でアクセスできるかどうかが重要だ"と話した。"赤ちゃんと僕" 撮影途中の大人と子役の演技に対する悩みよりも彼をもっと大変にしたのは、 "チャン·グンソク"自体を失ってしまったのだする。

"赤ちゃんと僕"とKBS 2TVフュージョン史劇'快刀ホン·ギルドン"の撮影を同時にしていた彼は、"ある日見ると韓服を着ていて、ある日は赤ちゃんを抱いていた。一週間ずっとチャン·グンソクはなかったよ"と"鏡を見ても、その中に私ではなく、劇中の人物だけあるので腹を立てていたよ。私は自分自身を失ってしまい無駄分かれた"と打ち明けた。当時は忙しいスケジュールにも体力的には"若いから"持ちこたえ万た精神的な部分が非常に大変だったと。だからチャン·グンソクは自分自身を見つけるために時間を裂いた。

彼は"撮影が終わってソウルに上がってきて寝する時間に一人でドライブをして、音楽を聞いて、夜明けに南大門市場に行ってうどんを食べて私を見つけようと努力した"とし、"快刀ホン·ギルドン"のウィンドウフィナ"赤ちゃんと僕"の遵守ではなく、 "チャン·グンソクの生活"を楽しんだという事実を公開した。

その後、13ヶ月の赤ちゃんメイソン君との撮影はどうだったのだろうか。チャン·グンソクは"最初はメイソンと親しかった。私一ヶ月余り程度撮影現場で連れて暮すようにしたが、ある瞬間から自分だけ見れば撮影しに行くということを認識して泣いていたよ"と"赤ちゃんのためにストレスもたまったが、それだけ子供もストレスを受けると思うのごめんよ。言葉が通じないのが一番大変だった"と話した。

チャン·グンソクは引き続き"両親が言うに私は子供のころの人々の多くの場所で手を逃せばそのまま消えてしまう、一時も油断しちゃいけない本当のひどい子供だった"とし"撮影しながら私の両親は私を育て苦労いただいたような気もするようになった"と笑って言って赤ちゃんとの撮影が侮れない作業だったことを感じさせた。

記事元



タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。