JANG KEUN-SUK チャン·グンソク、アジアツアーで活動伸びる【韓国記事】 - JangKeunSuk☆ZIKZIN

JANG KEUN-SUK チャン·グンソク、アジアツアーで活動伸びる【韓国記事】

●JANG KEUN-SUK チャン·グンソク、アジアツアーで活動伸びる【韓国記事】

20130222102144475F.jpg

昨年のアジアツアー公演で計16万3000人の観客を動員した俳優チャン·グンソクが、今回はビッグブラザーと結成したプロジェクトグループチームエイチ(Team-H)でアジアツアーに出る。

来る23と24日の両日、日本の広島サンプラザホールで開始`2013チームエイチ·アイジャストワーナーハブファン(TEAM H PARTY - I JUST WANNA HAVE FUN)`という名前の今回のツアーは、日本の4つの地域と中国の上海、タイ、台湾などアジア地域を巡回する計画だ。

チームエイチは、 2011年中華圏初のEPアルバム発売以降、アジア全域に突風を起こして登場、2012年に日本初のミニアルバムが予約販売率1位を記録する気炎を吐いたことがある。また`ユエムエフ·コリア(UMF KOREA)2012` `サマーソニック(Summer Sonic)2012`など世界フェスティバルに出場して音楽性を認められている。

今回のツアーは、 `日常の自分と現在をしばらく忘れて残すことができる所であるチャン·グンソクの惑星で観客たちを招待`という主題で観客と会う。公演関係者はチームエイチが、既存の公演で披露した水準級のDJプレイ曲と、今月27日に発表する新しいアルバム収録曲で、今回のツアーを豊かに飾る予定だ。

公演に先立ちチャン·グンソクは"プロジェクトグループチームイチローは初めて開くされるツアーなので意味が格別だ。久しぶりにチームH観客たちに会って、新しいアルバムの曲を披露することになる特別な場所だから緊張感とときめきの感情が交差している"とし、"これまでのチームエイチ公演に熱い声援を送ってくださったファンに素敵な舞台で報いるしたいと思い熱心に準備しただけ多くの期待お願いする"と所感を伝えた。

記事元:デジタルタイムズ



●チャン·グンソク、日でプロジェクトグループTeamHツアー開催 "幻想的逸脱"

チャン·グンソクが"Team H(チームエイチ)"で大々的なツアーに出る。来る23日、24日、俳優チャン·グンソクがBig Brotherと結成したプロジェクトグループTeam Hの名前で、日本の広島サンプラザホールでツアー'2013 TEAM H PARTY - I JUST WANNA HAVE FUN "を開催する。

チャン·グンソクのプロジェクトグループTeam Hは、2011年中華圏初のEPアルバム発売以降、アジア全域に突風を起こして登場、2012年に日本初のミニアルバムが予約販売率1位を記録する気炎を吐いたことがある。

また、 "ユエムエフ·コリア(UMF KOREA)2012 '、'サマーソニック(Summer Sonic)2012"など、世界フェスティバルで音楽性を認められて世界的に注目された。

何よりも明日広島公演を皮切りに日本4都市、上海、タイ、台湾などを動かすようにするTeam Hツアーはチャン·グンソク本人のツアーに加えて、プロジェクトグループTeam Hは初のツアーなのでもっと熱い関心を受けている。

今回のツアーでチャン·グンソクは、日常の自分と現在をしばらく忘れて残すことができある所であるチャン·グンソクの惑星で観客たちを招待し、自由、情熱的な彼の世界観と観客が一体となる素晴らしい舞台で作られる見込み。

また、既存の公演で披露した曲と世界フェスティバルでも実力を認められた水準級のDJプレイ曲、そして来る27日発売されるTeam Hのアルバム収録曲で、今回のツアーを豊かに飾られて、アジアでもう一回大きな反響を起こすと期待されている。

これチャン·グンソクは、プロジェクトグループTeam Hとしては初めて開かれるツアーなので意味が格別だ。久しぶりにTeam Hで観客たちに会って、新しいアルバムの曲を披露することになる特別な場所だから緊張感とときめきの感情が交差している。

これまでTeam H公演に熱い声援を送ってくださったファンに素敵な舞台で報いるしたいと思い熱心に準備しただけ多くの期待お願いする"とツアー所感を伝えた。

一方、'2013 TEAM H PARTY - I JUST WANNA HAVE FUN "ツアーは23,24日日本の広島公演を皮切りに、神戸、札幌、千葉、上海、タイ、台湾などの都市で開くを熱く継続する予定だ。

記事元:ファイナンシャルニュース





タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

Jang Keun Suk

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © JangKeunSuk☆ZIKZIN All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます